目元のシワをなんとかしたい!自分でできることはなに?

あなたが今興味を持っている目元にしわがありますか?

それはあなたの目の下に作られた細かいしわですか?

それとも目元の笑いじわ?

あなたがケアしないであきらめてしまえばしわはより深刻になります….

あなたの目元のしわは気づいた瞬間からしっかりとケアすることによって改善することができます。

目元にしわがなぜできる?

目元はデリケート

体の他の部分よりも薄い顔の皮膚でさえ、目元の皮膚はより薄く、それは顔の他の部分の皮膚の厚さの約1/3(約0.6mm)である。ゆで卵の薄皮にみたいなものであると聞けば、その繊細な感じがわかるでしょう。また、皮脂の分泌も少ないので乾燥しやすく、1日に何万回も瞬きするので疲れやすく、トラブルも増えます。

小じわはどうして

皮膚は、最も外側から、表皮、真皮、皮下組織の3層からなる。表皮の角質細胞はバリアのように皮膚を保護しますが、この角質細胞が乾燥して損傷を受けると、表皮に細かいしわが発生します。

小じわ、目の下などで横方向にできるしわです。表面性のしわ、ちりめんしわ、仮性しわとも呼ばれます。このタイプのしわは、指でしわ部分を広げようとしたときにしわが見えなくなることが特徴です。

表皮の角質細胞は、次の3つにより保湿状態を保ちます。

角質細胞間脂質

は主にセラミドからなり、角質層細胞間に充填されています。それは、外部刺激の侵入および体内の水分の過剰な蒸発の防止などの角質層バリア機能を担う。

ナチュラルモイスチャライジングファクター(NMF)

水分を吸収する機能(吸湿性)と水分を保持する機能(保湿)、角質層の保湿の役割があります。

皮脂膜

皮脂腺から分泌される皮脂と汗腺から分泌される汗を混合して作られ、肌表面からの過剰な水分の蒸散を防ぎ、水分を保ちます。

細かいしわが進むにつれて…

皮膚のしわについては、皮膚の表面上の細い線のように見える皮膚は「ひこう」と呼ばれ、それは年齢と共に深くなる真皮性しわ。表皮内部の真皮層の劣化によって引き起こされるしわです。指でしわ部分を広げようとしても、しわが消えない場合は、それは真のしわであると見なされます。

老化と蓄積された紫外線損傷のために、皮膚のコラーゲンはもろくなり、コラーゲン自体は徐々に減少するので、それは皮膚を支えることができないでしょう、そして、深いしわをもたらします。

また、目の周りの眼輪筋と呼ばれる筋肉が弱くなり弛緩して、皮膚を支えることができず、まぶたが垂れ、目尻のしわの原因となることがあります。

 

表情じわ

その名前が示すように、それは表情の変化によって引き起こされることができるしわであり、そしてそれは日常生活の中で繰り返される表情の習慣に起因することができます。

笑っているときにできる笑いしわは、笑ってない普段の顔になっても消えずに残るのが特徴です。しかし、それはその人のユニークな魅力のポイントであると言えるので、それに異議を唱える必要はないかもしれません。

 

しわタイプごとのお手入れ

目元のしわをケアするには、種類を気にすることが重要です。

小じわのケア

前述したように、小じわの最大の原因は「乾燥」です。この段階で保湿対策をしっかりとしましょう!その後、しわはよく改善に向かいます。

しかし、小じわをそのままにしておくと…しわが深くなるにつれて、もちろん大きくなります。

小じわ、保湿成分(ヒアルロン酸、グリセリン、コラーゲンなど)や天然保湿成分などを含むローション、ビューティエッセンスには、水分を閉じ込める成分(椿油、ホホバ油、スクワラン油、ワセリン)を使用することをお勧めします。

たとえあなたがクリームやシートマスクを使ったりしたとしても。 1週間に2〜3回、シートマスクに保湿ローションをたっぷりと入れて、目の周りをしっかりと保湿パックしましょう。

ここでは、乾燥した小じわに効果的な保湿パックの方法を紹介します。

  1. 洗顔後、顔全体に化粧水を塗ります
  2. あなたの目に化粧水を染み込ませたコットンを乗せ、3〜5分間保湿します。
  3. 最後に、水分の蒸発を防ぐために、目元専用クリームを塗る

これだけでも問題ありませんが、保湿効果をさらに高めるために、2.の化粧水を含ませたコットンの上にラップを置き、温かいタオルで温めてください。

温めることで、美容成分が肌の奥深くまで浸透し、血行も良くなります

さらに、あなたがクリームの前に上記のように保湿成分を含む成分を含む美容液を適用するならば、あなたの目元のしわがより早く改善するのを感じるでしょう。

目元を温めるならば、副交感神経は支配的になり、そして弛緩効果もまたあります。また、ホットタオルにはお好みの香りのアロマオイルを使用して、就寝前に保湿パックを使用することをお勧めします。

 

大じわ・表情じわのケア

弾力性が低いため、真皮層のコラーゲン繊維を元に戻す成分を含むクリームまたは美容液でケアをすることが重要です。

弾力性を保ちながら、内側から肌を押し上げているのは、真皮にコラーゲン、エラスチン、ヒアルロン酸などがあります。

弾力性を失うと、顔の表情の変化が原因で肌に戻る能力が弱くなり、しわになります。また、それはあなた自身の肌の重さを支えることができない、それはしわやたるみになることになります。

このような大きなしわ・表情しわのケアには、美容液・レチノール(ビタミンA)、ピュアなビタミンC、コラーゲンの生成を促進する成分であるビタミンC誘導体(アスコルビン酸)を配合したアイクリームが効果的です。

レチノール(ビタミンA)

ビタミンAは不安定で空気と接触すると変化する性質があるため、刺激を弱めて肌に吸収させるために安定化されたパルミチン酸レチノールなどの化粧品でよく使用されています。これらは皮膚細胞を活性化し、コラーゲン、エラスチン、ヒアルロン酸を増加させる効果があるので、しわ、しみ、たるみに効果があります。

ピュアなビタミンCとビタミンCの誘導体(アスコルビン酸など)

コラーゲンの合成に必要な成分です。これは安定性を向上させ、ビタミンCを肌に吸収させやすくします。

やってはいけないケア方法

アイマッサージ
マッサージは物議をかもす議論を持っています。血行を良くするためにマッサージをした方が良いと思う読者の方が多いでしょう。

しかし、最初に述べたように、目の皮膚は非常に薄く繊細です。強く引っ張ったり、強く押したりすると、皮膚が伸びることがあります。その結果、しわやたるみが生じることがありますので、できるだけ控えることをお勧めします。

さらに、マッサージ摩擦は角質層を損傷し、水分保持を低下させ、そして真皮層中のコラーゲン繊維および毛細血管を損傷し得る。その結果、しわがしやすくなり、色素が刺激によって沈着してクマのもとになります。

マッサージをするときは、無理に力を加えないでください。マッサージクリームを手のひらで温めてから柔らかくします。親指や人差し指よりも力を入れにくい中指/薬指でストロークしましょう。

血行を改善するために、先に述べた温かいタオルも効果があります。

強力なクレンジング剤でメイク落とし

一般に、洗浄剤に含まれる界面活性剤は非常に強い洗浄力を有するので、化粧と同時に皮膚の角質層の保湿成分も洗い流してしまいます。

最初にポイントメイク落としを使って目元のメイクを落としましょう。できるだけ少ない刺激でクレンジング剤を使ってメイク全体を落としましょう。その時は、強く目をこすらないでください。

また、お湯で落せるマスカラをつかうなど、目元への負担をできるだけ抑えることができるものを使用することも、目元のしわのケアには重要です。

 

目元のしわ、他の対策

紫外線対策をしっかり

紫外線は乾燥し、目元に小じわを作ります。日焼け止め、ファンデーション、日傘、サングラスなどで紫外線をカットしてみましょう。

特に紫外線に弱い肌の薄い肌の場合は、できるだけ刺激の少ない日焼け止めを塗り、目を保護するためにサングラスを使用してください。

サングラスを選ぶ際のポイントは、目の周りの肌を完全に覆う大きなサイズのデザインです。

紫外線カット力の高いレンズを選びましょう。

  • 紫外線透過率が低いもの
  • 高いUVカット率
  • UV 400カット加工のもの

目を使いすぎない

目の疲れも目尻にしわを引き起こします。

パソコンやスマートフォンなどのLEDディスプレイやLED照明には、紫外線に近い強いエネルギーを持つ光や青色の光が多く含まれているため、目の疲れの原因となると考えられています。

厚生労働省のガイドラインによると、「VDT(デジタル表示装置)作業を1時間行う場合は、15分程度休憩をとる」ことが推奨されています。

また、焦点を調整するために、目は1日に15,000から20,000回瞬きしています。私たちの目にはかなりの負担がかかります。

目を休ませるには、遠くを見たり目を閉じたりするだけでOKです。 そのほかに、血行を改善するためにあなたの目を暖めるか、点眼薬を使うことができます。

目に力を加えないでください

アイメイクも基本的に穏やかで丁寧にしてください。