見た目年齢を決めてしまう「目元」ケアこそが若々しさの近道?!

目元が顔の中で一番見た目年齢を左右するパーツなんです。怖いですね!

ここでは、10年後のために目元ケアを早く始める重要性を紹介します。

目元で見た目年齢が恐ろしいほどに違う

目元は顔の最も見た目年齢に影響を与える部分です。

実際、目元にしわやたるみがあると、調査の結果、10歳以上の年齢であるように見えるという結果もあります。

しかし、アイケアが開始される年齢は比較的遅く、しわやたるみが著しく現れ、多くの人が40代になりケアを始めます。

しかし、トラブルが発生してからケアするのに時間がかかり、しわやたるみがすぐに消えるといったことはありません。

5年後から10年後には必ず大きな違いになると思いますので、気付いたときからケアを始めましょう。

 

目元の皮膚は薄くデリケート

目元の皮膚の構造は他の部分と比較して特別です、厚さは1/3であり、非常に薄くて乾燥しやすいです。

また、まばたきなどが原因で負担がかかりやすく、細かいしわやたるみなどの目のトラブルが深刻になりやすい。

また、眼の皮膚は他の部分よりもヒアルロン酸の組成比が高いという特徴があります。

ヒアルロン酸が年齢とともに減少して、結果として目元は弾力性に欠け、垂れ下がりがりやすくなります。

あなたが30代以降で若々しさを保つには、目元のケアをすぐに始めることをおすすめします。

 

若々しさを保つにはどんなケアをするの?

アイケアに欠かせないのは、潤いを与えることです。

定期的にやっているスキンケアで、目元のための美容液を使って行うことをおすすめします。

前述のように、目元の多くを構成するヒアルロン酸は、毎年減少します。ハリと 弾力を保つには、ヒアルロン酸を含む特別な美容液を補うことによって実現します。

ただし、美容液を目元に付けるときは、「優しくて丁寧」を守ってください。

強くこすらないでください。

目元の皮膚は、他の場所と比較して3分の1の厚さで損傷を受けやすい部分です。

美容液を優しくそして慎重に塗ってください。

 

紫外線カットは1年中必要です!

紫外線を忘れないでください。 紫外線は肌のハリを保つ成分を破壊し、しわやたるみの原因となるのです。 紫外線による乾燥も加齢による変化を促進してしまいます。

目元の皮膚は他の部分よりも薄いので、乾きやすく、損傷を受けやすいので、日中はUVカットを安定して行うことが重要です。

外出するときは、日焼け止め、パラソル、サングラス、帽子などを使って紫外線から目元を保護しましょう。

夏だけで紫外線対策を終わりにしてはいけません。冬であっても紫外線は降り注いでいます!