目元のシワをなんとかしたい!自分でできることはなに?

あなたが今興味を持っている目元にしわがありますか?

それはあなたの目の下に作られた細かいしわですか?

それとも目元の笑いじわ?

あなたがケアしないであきらめてしまえばしわはより深刻になります….

あなたの目元のしわは気づいた瞬間からしっかりとケアすることによって改善することができます。

目元にしわがなぜできる?

目元はデリケート

体の他の部分よりも薄い顔の皮膚でさえ、目元の皮膚はより薄く、それは顔の他の部分の皮膚の厚さの約1/3(約0.6mm)である。ゆで卵の薄皮にみたいなものであると聞けば、その繊細な感じがわかるでしょう。また、皮脂の分泌も少ないので乾燥しやすく、1日に何万回も瞬きするので疲れやすく、トラブルも増えます。

小じわはどうして

皮膚は、最も外側から、表皮、真皮、皮下組織の3層からなる。表皮の角質細胞はバリアのように皮膚を保護しますが、この角質細胞が乾燥して損傷を受けると、表皮に細かいしわが発生します。

小じわ、目の下などで横方向にできるしわです。表面性のしわ、ちりめんしわ、仮性しわとも呼ばれます。このタイプのしわは、指でしわ部分を広げようとしたときにしわが見えなくなることが特徴です。

表皮の角質細胞は、次の3つにより保湿状態を保ちます。

角質細胞間脂質

は主にセラミドからなり、角質層細胞間に充填されています。それは、外部刺激の侵入および体内の水分の過剰な蒸発の防止などの角質層バリア機能を担う。

ナチュラルモイスチャライジングファクター(NMF)

水分を吸収する機能(吸湿性)と水分を保持する機能(保湿)、角質層の保湿の役割があります。

皮脂膜

皮脂腺から分泌される皮脂と汗腺から分泌される汗を混合して作られ、肌表面からの過剰な水分の蒸散を防ぎ、水分を保ちます。

細かいしわが進むにつれて…

皮膚のしわについては、皮膚の表面上の細い線のように見える皮膚は「ひこう」と呼ばれ、それは年齢と共に深くなる真皮性しわ。表皮内部の真皮層の劣化によって引き起こされるしわです。指でしわ部分を広げようとしても、しわが消えない場合は、それは真のしわであると見なされます。

老化と蓄積された紫外線損傷のために、皮膚のコラーゲンはもろくなり、コラーゲン自体は徐々に減少するので、それは皮膚を支えることができないでしょう、そして、深いしわをもたらします。

また、目の周りの眼輪筋と呼ばれる筋肉が弱くなり弛緩して、皮膚を支えることができず、まぶたが垂れ、目尻のしわの原因となることがあります。

 

表情じわ

その名前が示すように、それは表情の変化によって引き起こされることができるしわであり、そしてそれは日常生活の中で繰り返される表情の習慣に起因することができます。

笑っているときにできる笑いしわは、笑ってない普段の顔になっても消えずに残るのが特徴です。しかし、それはその人のユニークな魅力のポイントであると言えるので、それに異議を唱える必要はないかもしれません。

 

しわタイプごとのお手入れ

目元のしわをケアするには、種類を気にすることが重要です。

小じわのケア

前述したように、小じわの最大の原因は「乾燥」です。この段階で保湿対策をしっかりとしましょう!その後、しわはよく改善に向かいます。

しかし、小じわをそのままにしておくと…しわが深くなるにつれて、もちろん大きくなります。

小じわ、保湿成分(ヒアルロン酸、グリセリン、コラーゲンなど)や天然保湿成分などを含むローション、ビューティエッセンスには、水分を閉じ込める成分(椿油、ホホバ油、スクワラン油、ワセリン)を使用することをお勧めします。

たとえあなたがクリームやシートマスクを使ったりしたとしても。 1週間に2〜3回、シートマスクに保湿ローションをたっぷりと入れて、目の周りをしっかりと保湿パックしましょう。

ここでは、乾燥した小じわに効果的な保湿パックの方法を紹介します。

  1. 洗顔後、顔全体に化粧水を塗ります
  2. あなたの目に化粧水を染み込ませたコットンを乗せ、3〜5分間保湿します。
  3. 最後に、水分の蒸発を防ぐために、目元専用クリームを塗る

これだけでも問題ありませんが、保湿効果をさらに高めるために、2.の化粧水を含ませたコットンの上にラップを置き、温かいタオルで温めてください。

温めることで、美容成分が肌の奥深くまで浸透し、血行も良くなります

さらに、あなたがクリームの前に上記のように保湿成分を含む成分を含む美容液を適用するならば、あなたの目元のしわがより早く改善するのを感じるでしょう。

目元を温めるならば、副交感神経は支配的になり、そして弛緩効果もまたあります。また、ホットタオルにはお好みの香りのアロマオイルを使用して、就寝前に保湿パックを使用することをお勧めします。

 

大じわ・表情じわのケア

弾力性が低いため、真皮層のコラーゲン繊維を元に戻す成分を含むクリームまたは美容液でケアをすることが重要です。

弾力性を保ちながら、内側から肌を押し上げているのは、真皮にコラーゲン、エラスチン、ヒアルロン酸などがあります。

弾力性を失うと、顔の表情の変化が原因で肌に戻る能力が弱くなり、しわになります。また、それはあなた自身の肌の重さを支えることができない、それはしわやたるみになることになります。

このような大きなしわ・表情しわのケアには、美容液・レチノール(ビタミンA)、ピュアなビタミンC、コラーゲンの生成を促進する成分であるビタミンC誘導体(アスコルビン酸)を配合したアイクリームが効果的です。

レチノール(ビタミンA)

ビタミンAは不安定で空気と接触すると変化する性質があるため、刺激を弱めて肌に吸収させるために安定化されたパルミチン酸レチノールなどの化粧品でよく使用されています。これらは皮膚細胞を活性化し、コラーゲン、エラスチン、ヒアルロン酸を増加させる効果があるので、しわ、しみ、たるみに効果があります。

ピュアなビタミンCとビタミンCの誘導体(アスコルビン酸など)

コラーゲンの合成に必要な成分です。これは安定性を向上させ、ビタミンCを肌に吸収させやすくします。

やってはいけないケア方法

アイマッサージ
マッサージは物議をかもす議論を持っています。血行を良くするためにマッサージをした方が良いと思う読者の方が多いでしょう。

しかし、最初に述べたように、目の皮膚は非常に薄く繊細です。強く引っ張ったり、強く押したりすると、皮膚が伸びることがあります。その結果、しわやたるみが生じることがありますので、できるだけ控えることをお勧めします。

さらに、マッサージ摩擦は角質層を損傷し、水分保持を低下させ、そして真皮層中のコラーゲン繊維および毛細血管を損傷し得る。その結果、しわがしやすくなり、色素が刺激によって沈着してクマのもとになります。

マッサージをするときは、無理に力を加えないでください。マッサージクリームを手のひらで温めてから柔らかくします。親指や人差し指よりも力を入れにくい中指/薬指でストロークしましょう。

血行を改善するために、先に述べた温かいタオルも効果があります。

強力なクレンジング剤でメイク落とし

一般に、洗浄剤に含まれる界面活性剤は非常に強い洗浄力を有するので、化粧と同時に皮膚の角質層の保湿成分も洗い流してしまいます。

最初にポイントメイク落としを使って目元のメイクを落としましょう。できるだけ少ない刺激でクレンジング剤を使ってメイク全体を落としましょう。その時は、強く目をこすらないでください。

また、お湯で落せるマスカラをつかうなど、目元への負担をできるだけ抑えることができるものを使用することも、目元のしわのケアには重要です。

 

目元のしわ、他の対策

紫外線対策をしっかり

紫外線は乾燥し、目元に小じわを作ります。日焼け止め、ファンデーション、日傘、サングラスなどで紫外線をカットしてみましょう。

特に紫外線に弱い肌の薄い肌の場合は、できるだけ刺激の少ない日焼け止めを塗り、目を保護するためにサングラスを使用してください。

サングラスを選ぶ際のポイントは、目の周りの肌を完全に覆う大きなサイズのデザインです。

紫外線カット力の高いレンズを選びましょう。

  • 紫外線透過率が低いもの
  • 高いUVカット率
  • UV 400カット加工のもの

目を使いすぎない

目の疲れも目尻にしわを引き起こします。

パソコンやスマートフォンなどのLEDディスプレイやLED照明には、紫外線に近い強いエネルギーを持つ光や青色の光が多く含まれているため、目の疲れの原因となると考えられています。

厚生労働省のガイドラインによると、「VDT(デジタル表示装置)作業を1時間行う場合は、15分程度休憩をとる」ことが推奨されています。

また、焦点を調整するために、目は1日に15,000から20,000回瞬きしています。私たちの目にはかなりの負担がかかります。

目を休ませるには、遠くを見たり目を閉じたりするだけでOKです。 そのほかに、血行を改善するためにあなたの目を暖めるか、点眼薬を使うことができます。

目に力を加えないでください

アイメイクも基本的に穏やかで丁寧にしてください。

※アイクリームの選び方※成分が自分の悩みに合っていないと?

あなたの目元にしわやたるみがあるなら、「年齢+10歳」に見えませんか?

しわが化粧で埋め尽くされており、余分な目立つものに」

「クマで疲れているようになっている」

こんな目元の印象に苦しんでいる多くの女性がいます。

ここでは、成分と価格の観点から選ぶ「アイクリーム」について目元の悩みごとに、紹介します!

加えて、

  • アイクリームを選びかた4つのポイント
  • アイクリームの正しい使い方
  • アイクリーム以外の化粧方法

などもお知らせします。

あなたに合った完璧なアイクリームを見つける手助けになれば嬉しく思います。

しっかりと御覧ください。

 

目元の悩みの原因は?

目元の皮膚は顔の中で最も薄く、約0.3〜0.5 mmと言われています。

ダメージを受けやすいのは、そういうわけです、

  • 間違ったスキンケア
  • 紫外線による肌へのダメージ
  • 加齢による皮膚の劣化
  • スマートフォンとPC作業が多すぎる

しわ、たるみ、クマはこのような要因のために発生してしまいます。

 

原因と対策1 スキンケアの見直し

ポイントメイク落としを使用している場合
ポイントリムーバーは、通常の洗浄剤よりも強力な洗浄力を持ち、繊細な目元に負担をかけます。

また、コットンでこすると摩擦によりシワやシミが発生することがあります。

熱いお湯で顔を洗っている
約40℃のお湯は必要な油分が落ちて乾燥してしまいます。

デリケートな目元だけでなく、顔全体の温度としても良いとは言えません。

少し冷たいと感じている32〜34℃前後で洗いましょう。

おすすめクレンジング
濃いアイメイクを落とすときは、ポイントリムーバーをコットンにつけ、こすって落としたりしていませんか。

メイクをやさしく取り除きたい場合は、ポイントリムーバーの代わりに精製されたオリーブオイルを使用することをお勧めします。

アイメイクをしっかり落とす方法

①コットンに十分になるまでオリーブオイルをしみ込ませる

②コットンを目元に置いて60秒ほど待ちます

③やさしくふきとる

④普通のクレンジングと洗顔をおこなう

 

原因と対策2 加齢による筋力低下

加齢による筋力の低下、目に見えない脂肪は支えることができなくなり、「たるみ」としてでてきます。

日常生活の中で目を動かすのは瞬きですよね。

目の周りには大きな動きがないため、筋肉は特に衰弱する傾向があります。

意識的に目の筋肉を動かすことが重要です。

 

原因と対策3 年間を通しての紫外線

肌の老化の約70%は紫外線が原因です。
紫外線によるダメージはただの汚れではありません。

しわやたるみも生じます。

紫外線は肌の弾力を保つコラーゲンとエラスチンを破壊するからです。

特に目元は肌が薄く、紫外線によるダメージを受けやすく、しわやたるみが出やすいです。

また、紫外線にさらされると体内がサビて、活性酸素物質の数が増えて老化が早まります。

 

紫外線対策として、体内外からのケアが重要です。

日焼け止めをは、季節に関係なく塗る癖を付けましょう。

最近では、飲む日焼け止めも発売されていますので試してみても良いですね。

原因と対策3 スマートフォンとPCの使い過ぎ

現代人の必需品であるスマートフォン。

あなたは一日にどのくらいスクリーンを見ますか?

人々は集中してそれらを見るときに瞬きの数を減らすと言われています。

瞬きしなければ、目の周りの血行が悪くなり、新鮮な栄養素が運ばれなくなります。

目元やクマの原因はそれが目の使いすぎにもあることです。

スマートフォン/ PCを使うときの留意点

姿勢に気を配る

目だけではなく、顔面全体の血行不良や垂れ下がりを引き起こします。

長い間続けない。

目元の筋肉がしっかりと固まります。スマートフォンを見ない時間を作りましょう。

目元の老化の原因で、あなたのライフスタイルで該当するものはありましたか?

意識を変えるだけで目元の老化を防ぐことができますので、今日から注意してください。

 

アイクリームの選び方

アイクリームは顔の中で特に繊細な目元なので、適切に選ぶべきです。

選ぶときのポイント

  • 保湿成分
  • 有効成分
  • 刺激の少なさ
  • 継続のしやすさ

それぞれを詳しく見てみましょう。

保湿成分
目元は皮脂量が少ないので、乾きやすいです。

保湿成分を配合したクリームをお選びください。

<おすすめの保湿成分>

セラミド
(水分はさんで保つ)
コラーゲン
(水分を保つ)
ヒアルロン酸
(水分を保つ)
エラスチン
(水分を保つ)
グリセリン
(水分を保つ)

ト​​ラブルに適した有効成分

トラブル:目のしわ
しわには2種類あります。

乾燥によるしわの乾燥は「乾燥ジワ」と呼ばれ、老化による深いしわは「真皮じわ」と呼ばれます。

見分け方はとても簡単です!

入浴後消えた⇒乾燥によりシワ

入浴後も消えない⇒老化によるしわ

<おすすめの美容成分>

乾燥ジワ

ドライアイス
セラミド・ヒアルロン酸

真皮ジワ
レチノール・ビタミンC誘導体・ナイアシン

 

トラブル:目の下のたるみ
肌の弾力性に欠かせないコラーゲンやエラスチンは、老化や紫外線ダメージで壊れ、重力に逆らうことなく顔全体が下がります。

コラーゲン生成をサポートする成分を与えましょう。

<おすすめの美容成分>

レチノール・ビタミンC誘導体・ナイアシン

トラブル:3種類のクマ

3種類のクマがあります。

すべて同じように見えますが、それぞれに有効成分があります。

<おすすめの美容成分>

青クマ(血行不良)
ビタミンE・プラセンタ

黒クマ(たるみ)
レチノール・ビタミンC誘導体・ナイアシン

茶クマ(色素沈着)
ビタミンC誘導体・甘草エキス

【有効成分と効果】

レチノール
(ビタミンA)コラーゲンを増やす作用

ビタミンC誘導体
コラーゲン合成作用
抗酸化作用

ナイアシン(ビタミンB 3)
コラーゲン合成促進作用
ビタミンC誘導体よりも刺激が少ない

ビタミンE
血行促進作用
むくみ改善
抗酸化作用

プラセンタ
血行促進作用
メラニンの抑制効果

レチノールはしわやたるみに効果的であるため、エイジングのためにアイクリームに配合されることがよくあります。

ただし、やや刺激のある成分ですので、状態を見て肌の弱い方はご使用ください。

 

低刺激(エタノールフリー)
目の周りの肌は薄くて繊細なので、刺激の少ないものを選びましょう。

特に敏感肌の方は、香料やアルコール(エタノール)を含む方は避けてください。

 

継続のしやすさ

品質を考慮すると、4000〜5000円のアイクリームを選択すれば続けるのは簡単でしょう。

スキンケア化粧品は続けることで効果を感じやすいです。

当然のことながら、高価なものでも問題ありませんが、続行できない場合はほとんど意味がありません。

逆に、市販の安価なものは値段に相応で期待できません。

 

コスパのよいものを選びましょう。

コスパ最強なアイキララが人気ですね!

 

目の下にクマ!悩んでいないでやってみよう※対策方法

目の下のクマ!

種類は3つです。

睡眠不足と不規則な生活が続くと、目の下のクマが出てきます。

クマがあなたの目の下に現れると、疲れている、年齢より年上のようです、さらに不健康に見えます。

クマの種類を、どのように区別するか、あなたの目の下のクマを取る方法を紹介します。

 

クマの見分け方

青クマ・・・血行不良によるクマ
茶クマ・・・色素沈着等によるクマ
黒クマ・・・肌のたるみ、皮膚のへこみなどのクマ

目尻を横に軽く引っ張りましょう。

1、クマの色が薄くなる。ファンデーションを塗ると薄くなります。

  青クマ・・静脈が透けて見えるもの

2、クマの色は変わらない。ファンデーションを塗ると薄くなります。

  茶クマ・・皮膚に沈着してしまった色素

3、クマの色が薄くなる。ファンデーションを塗って消えない。

  黒クマ・・たるみによる影

 

見分けるのがむづかしい場合、2つのクマがある可能性もあります。

肌質でクマが出やすい傾向があります

青クマ・・色白な方

茶クマ・・比較的色黒な方

黒クマ・・彫りの深い方

 

青クマ

青クマは血行不良が原因です。

目の下の皮膚は非常に薄く、目の下にはたくさんの毛細血管があります。
あなたの目の下の静脈が血行不良のために停滞するならば、薄い皮膚を通して青く見えます。
これが青クマが発生するしくみです。

血行不良の原因は次のとおりです。

睡眠不足・疲労・ストレス・眼精疲労・コリによる血行不良・眼輪筋の筋力低下・ドライアイ・喫煙など。

これらは血行不良を引き起こします。

青クマを改善する方法
青クマの主な原因は血行不良であるため、血行促進が改善のポイントです。

化粧品・スキンケア化粧品を使う。

  • コラーゲン・セラミド配合アイケア化粧品
  • 酸パック – 血行促進/血流促進

ウォーミングアップ
体が冷えると、血管が収縮して血行不良につながります。

あなたの体を温めることによって、血管を拡張させ、そして血液循環を促進させます。

  • 半身浴
  • 体を温める効果的な飲み物
  • 血行を良くする青汁

ライフスタイルとストレスを改善

  • 目の眼精疲労のケア
  • 睡眠不足を改善し、喫煙量を減らす・禁煙
  • 過度のストレス解消

茶クマ

茶クマの主な原因は、目の下の肌にメラニン色素が沈着することです。

紫外線によるしみの増加、落とすことができない化粧品、合わないスキンケアでシミ、これらが茶クマが発生する要因です。

化粧の刺激や手で擦るなどの摩擦、目元への刺激による目の下の角質の肥厚などによっても、茶クマが発生します。

茶クマを改善する方法
茶クマ対策は、メラニン色素沈着ですので、しみやくすみ対策と同じです。
メラニン色素を排出するためには、皮膚のターンオーバーの正常化が重要です。

美白を保つために美白成分を含む化粧品を使用し、改善するためには時間をかける必要があります。

おすすめの茶クマ対策化粧品

美白に最も強力なのが、ハイドロキノンです。

ハイドロキノンは、メラニン色素を作るメラノサイトを少なくする作用がありますので、シミに高い効果を期待できます。

 

黒クマ

黒クマは、皮膚のたるみ、皮膚のへこみなどによって引き起こされます。

年齢とともに、目の皮膚は弛緩または腫れ、影が形成されます。
黒く見えるのは黒クマです。

目の下のたるみの原因は大きく2つに分けられます。
1、目のまわりの筋肉の減少、コラーゲン・ヒアルロン酸の減少による弾力の減少

2、目の下の眼窩の脂肪(目の下の目)の膨らみ

黒クマの改善方法
黒クマを改善するためには、目のたるみを取り除き、ハリを取り戻すことが重要です。

ハリ対策のためには、保湿を念頭に置いてコラーゲンとセラミドを補充しておくことが必要です。

見た目年齢を決めてしまう「目元」ケアこそが若々しさの近道?!

目元が顔の中で一番見た目年齢を左右するパーツなんです。怖いですね!

ここでは、10年後のために目元ケアを早く始める重要性を紹介します。

目元で見た目年齢が恐ろしいほどに違う

目元は顔の最も見た目年齢に影響を与える部分です。

実際、目元にしわやたるみがあると、調査の結果、10歳以上の年齢であるように見えるという結果もあります。

しかし、アイケアが開始される年齢は比較的遅く、しわやたるみが著しく現れ、多くの人が40代になりケアを始めます。

しかし、トラブルが発生してからケアするのに時間がかかり、しわやたるみがすぐに消えるといったことはありません。

5年後から10年後には必ず大きな違いになると思いますので、気付いたときからケアを始めましょう。

 

目元の皮膚は薄くデリケート

目元の皮膚の構造は他の部分と比較して特別です、厚さは1/3であり、非常に薄くて乾燥しやすいです。

また、まばたきなどが原因で負担がかかりやすく、細かいしわやたるみなどの目のトラブルが深刻になりやすい。

また、眼の皮膚は他の部分よりもヒアルロン酸の組成比が高いという特徴があります。

ヒアルロン酸が年齢とともに減少して、結果として目元は弾力性に欠け、垂れ下がりがりやすくなります。

あなたが30代以降で若々しさを保つには、目元のケアをすぐに始めることをおすすめします。

 

若々しさを保つにはどんなケアをするの?

アイケアに欠かせないのは、潤いを与えることです。

定期的にやっているスキンケアで、目元のための美容液を使って行うことをおすすめします。

前述のように、目元の多くを構成するヒアルロン酸は、毎年減少します。ハリと 弾力を保つには、ヒアルロン酸を含む特別な美容液を補うことによって実現します。

ただし、美容液を目元に付けるときは、「優しくて丁寧」を守ってください。

強くこすらないでください。

目元の皮膚は、他の場所と比較して3分の1の厚さで損傷を受けやすい部分です。

美容液を優しくそして慎重に塗ってください。

 

紫外線カットは1年中必要です!

紫外線を忘れないでください。 紫外線は肌のハリを保つ成分を破壊し、しわやたるみの原因となるのです。 紫外線による乾燥も加齢による変化を促進してしまいます。

目元の皮膚は他の部分よりも薄いので、乾きやすく、損傷を受けやすいので、日中はUVカットを安定して行うことが重要です。

外出するときは、日焼け止め、パラソル、サングラス、帽子などを使って紫外線から目元を保護しましょう。

夏だけで紫外線対策を終わりにしてはいけません。冬であっても紫外線は降り注いでいます!

 

 

目元ケアが10年後の顔の印象を良くも悪くもする現実!

目元が年齢を決定づけると言われています。


「基本的な化粧には専念していますが、アイケアをしている人は..」

少し注意が必要かもしれません。

実を言うと、目元は最も繊細で、肌のどの部分よりももっと注意が必要な部分です。
気にしないと、しわ、たるみなどが出やすくなります。

アイケアは早くも遅くもありません。

正しいアイケア方法を学び、まだ若々しい目を保つようにしてください。

 

アイケアは必要

目元の皮膚の厚さはわずか0.5 – 0.6 mmです。 普通の肌のわずか1/3です。
とてもデリケートで乾燥しやすいです。

女性の場合、30代で目にしわや垂れ下がりを心配し始めている人がたくさんいます。その主な原因は目元の乾燥なんです。

目は1日に15,000回も瞬きしていますが、最近多くの人がPCやスマートフォンを長い間使っていますね。
目の乾燥×目疲れでダブルパンチですので、目が老化しやすくなります。

そのため、目に特化したケアが非常に重要です。

特に「彫りが深い顔」を持つ方。 顔面の筋肉は顔の作りから動きにくく、まぶたの摩擦が発生しやすい、目のたるみやしわを引き起こしやすいタイプです。

早期のアイケアで、これから予防し改善しましょう。

 

正しいアイケアの方法

夜だけでなく「朝」にも効果があります。

夜よりも、戸外で仕事をするときには目が過酷な条件に置かれるからです。

朝のケアには、乾燥防止や当日の疲れ防止をすることで、老けた顔などさまざまな目のトラブルを防ぎましょう。

その方法を紹介します。

もちろん、朝のケアが忙しくてできない場合、夜だけでもだいじょうぶ!辛抱強く、継続的なケアをすることが最も重要です。

ステップ1:化粧水でしっとり
とにかく、たっぷりのローションをコットンに含ませ、それを約3分間目の上にパック。

注意点は2点あります。

まず第一に、薄いコットンまたは剥がせるコットンを使用する。
厚さがあると、重くなり、目のたるみを引き起こす可能性があります。
2点目は、コットンのしわが出ないことです。コットンのシワ→目にシワが発生します。

ステップ2:目元専用美容液を使用する
しわが気になり始めた方には、特におすすめのアイテム&アイケアス​​テップです。

目元専用美容液の選択方法
目元専用美容液は基礎化粧の「化粧水」にちょうど対応する。

アイクリームは、美容液液で潤った保湿成分が飛散しないように「フタ」の役割を果たすものです。

それは美容液ですが、さまざまな種類のアイテムがあります。

あなたは選ぶことに迷います。化粧水を選ぶのと同じように、あなたの目元の基本的な悩みに従って選びましょう。

  • 紫外線にさらされる環境下なら、「くすみ」→ビタミンC誘導体など、美白成分を含んだ美容液。
  • 肌のタイプから、目元も乾きやすい→保湿効果の高い「セラミド」または「ヒアルロン酸」を配合した美容液。
  • 不規則生活で肌荒れ→肌の補修成分、レチニールエステルなどが配合された美容液です。
  • しわが目立つようになった→トータルエイジングケアの美容液。

あなたの悩みに合わせて、コレ!というものを見つけてください。

目元専用美容液の使い方
適量をとり、目尻から目頭に向かってまっすぐにまっすぐ塗ってください。
目尻から目頭へ約5回繰り返しましょう。
摩擦は茶クマやたるみを引き起こすので、ある程度美容液をたっぷり使うことをおすすめします。

ステップ3:アイクリーム
化粧水パック+美容液で湿らせた目にアイクリームでフタをして乾き防止をしましょう。
マッサージしながらクリームを肌に浸透させることで、浸透率を高め、目元のむくみを取り除き、リフトアップにも効果的です。

①中指に米1粒のアイクリームをのせ、上まぶたと下まぶたにのせます。目のきわに付けないように注意してください。目のトラブルを避けるためです。
②目尻から目頭を繰り返し、アイクリームを浸透させます。

ステップ4:帰宅後のメイク落とし
完全にアイメイクを落とすことができないならば、目の炎症と色素沈着から「茶クマ」を引き起こします。

最近では、防水タイプのアイメイク用品がたくさんあるので、アイメイク専用の「アイメイクリムーバー」を使うことをおすすめします。

無理に落とそうとする必要はありません、化粧が残る可能性は少なくなります。

手順
①コットンを水で濡らして絞ります。メイクアップ除去のために必要なのは十分の除去剤です。しかし、リムーバーだけでコットンを濡らそうとすると、予想外の量が必要になります。水で濡らすことで、リムーバーの節約が実現します。
②まぶたの上に置き、少なくとも10秒間なじませます。すぐにアイメイクが浮き出てきます。
③軽く拭きます。強くこするのはだめです。
④アイメイクが取れない場合は、新しいコットンに交換して①〜を繰り返す。

 

まとめ

目元のケアに年齢は関係ありません。

ちかごろ目元が心配。もうすぐ目のケアを始めようとおもうなら、ぜひお試しください。

目元はデリケートなので、ケアがすぐに効力を発揮する部分ではありません、なので早い対策と毎日のケアは非常に重要になります。

正しいケアの仕方を学べば、5年後、10年後に「ケアを続けてよかった!」と思うことができる日になるでしょう。

今日から明日からお試しください。